0009

与偶


世間一般の人々はよく口にします。

「子供が可愛くない親なんていない」

私の側にしたら、そんなのはただの『神話』。

しかし世間一般ではその『神話』は根強く信じられ、『社会規範の根幹(こんかん)』とさえされています。

だから、私に話しかけてきた人々に、私の実家の話をしても、ほとんどの人からは信じてもらえませんでした。

それでも私は訴え続けます。

『悪魔や鬼のような親』は実在するのです。

「その通りだよ。だって私の親がそうだもの……」

というあなたへ。

もうあなたは親元に帰らなくていいのです。実家から脱出してください。

信じてもらえない人々に理解を求めてからでは遅すぎるのです。

私は、物心がつく前から当たり前のように

両親から虐待をされていたので、その状態が私の日常であり、私の生きる『世界』でした。

だから、その『世界』から脱出するという選択肢を知らなかったですし、考えつきもしなかったのです。

「逃げ出したほうがいい。あなたの生きる世界は他所にある」

という言葉を、せっかく他人から受けとっても、理解して行動に起こすまでには時間がかかりました。そして、もし行動に起こすことにあと少しでも出遅れていたら、死んでいたでしょう。

今度は私があなたに言う番です。

「いますぐ逃げて! どこでもいいから!」

今、あなたはすごく苦しんで、もしかすると死に魅せられている状態ではありませんか?

私はあなたが苦痛の中にありながら、死への誘いを振りきって、今日までサバイバルしてきたことに心から感動しています。

私は20代のはじめのころまで、両親が暴力支配で作り上げた『独裁国家』が私の住める唯一の『世界』と信じこまされ、その闇の中で、ただただ自分を卑下する自問自答を繰り返していました。

今、逃げ出して後ろを振り返って気づきました。

私が監禁されていた、彼らの作り上げたあの『世界』は、驚くほどにちっぽけで、カスのような『吹き溜まり』でした。

虐待サバイバー写真展

親からの虐待を経験し、傷つき怒り絶望して、それでも親の手から生きのびたサバイバー達の「生きている」写真を撮っています。 これから先の道に希望が満ちていくような願いを込めて作ったサイトです。 被写体になってくれる方、募集しています。